ボイスチャットなどゲーム以外の用途でもゲーミングマイクは使われています。

ゲーミングマイク

 

実況配信に特化した据え置き型マイク

 

ゲーミングマイクとは、ゲームのボイスチャットや実況配信などに特化した据え置き型のマイクです。

 

一般家庭のゲーム用で広く流通しているマイクは、ヘッドホンと一体形になったヘッドセットタイプでしたが、昨今はゲーミングマイクのシェアが高まっています。
普通の用途であれば、平凡なヘッドセットマイクで十分ですが、ヘッドセットは口に近い位置にマイクを搭載することから、マイクの細かい設定をしにくい問題があります。

 

YouTubeのゲーム実況チャンネルを見ると、ヘッドセットを付けている配信者は意外なほど少なく、定期配信しているプロの配信者の大半はゲーミングマイクを活用しています。

 

ゲーミングマイクを導入すれば、よりクリアで鮮明な音を聞き手に伝えることができるほか、長期間ヘットセットを付けるストレスがないため、長時間の実況配信やボイスチャットを行うオンラインゲームに適しています。

 

 

ゲーミングマイクの特徴

 

ゲーミングマイクの多くはコンデンサーマイクを採用しています。
コンデンサーマイクは音楽のレコーディングなどでも使われるプロ仕様の高機能マイクで、高音から低音までを幅広い角度から鮮明に音を拾えるメリットがあります。

 

通常のコンデンサーマイクは部屋全体の音の反響までを拾ってしまう設定になっているものですが、ゲーミングマウスは、パソコンをしながら使うことに特化しているため、半径60cmなど狭い範囲の音を拾うことを得意にしています。
ハイエンドタイプは音を重点的に拾う範囲などを細かく設定できるので、上手に活用すれば自宅からまるで配信スタジオで収録されたような音声を他の人に届けることができます。

 

コンデンサーマイクの特徴や平凡なマイク(ダイナミックマイク)の違いを知りたい方はコチラをご覧ください。

コンデンサーマイクとは?

 

据え置き型マイクとしての実用性

 

ボイスチャットやライブチャットの配信を頻繁に活用する方は、その都度ヘッドセットを手に取る手間がネックに感じるものです。

 

頻繁に使っていると配線がゴチャゴチャになりやすく、デスク回りでヘッドセットそのものが邪魔になります。
また、ゲームや音楽、ライブチャットの臨場感あるサウンドを目的にヘッドホンにこだわる場合、マイク付きの条件が加わるだけで選択肢が一気に縮まります。

 

こうしたケースで据え置き型のゲーミングマイクを置いておけば、マイクをONにするだけですぐに自分の声を相手に伝えることができるので楽ちんです。
ゲーミングマイクは、より良い音を提供する目的だけではなく、音質は平凡な安いマイクでも十分満足しているけど、据え置き型マイクで手軽に会話や配信を楽しみたい人から選ばれています。

 

安いものでは2千円程度。機能性が高い売れ筋モデルでも1万円前後から購入できるくらいに価格が下がったことで、音質以外の目的でゲーミングマイクを活用される方が増えています。

 

 

TOPへ