パソコンのスペックにゆとりがあればライブチャットも快適に利用できます。

ライブチャットの必需品

 

ライブチャットを配信する女性

 

ライブチャットの必需品は以下の5点です。

 

  • PC
  • インターネット
  • スピーカー(ヘッドホン)
  • マイク※
  • カメラ

 

※視聴のみであれば不要

 

パソコンのビデオ通話機能が向上したことでライブチャットが流行しています。

 

女性を相手に話しをしたりパフォーマンスを見るライブチャットは、現代ならではの大人の遊びとして注目を集めているほか、ライブチャットをできる環境があれば、ビデオ会議やミーティングなどビジネスシーンでも活用できます。

 

今回の記事では、これからライブチャットを始めたい方のために、最低限揃えておきたい必需品とスペックの見方をまとめました。

 

双方向チャットや配信をしたいかで必需品が変わる

 

ライブチャットは、配信する相手を視聴するだけの機能や、視聴者からのコンタクトはメッセージチャットを活用するタイプもあります。
このように、自分の映像や音声が不要であれば、最低限のPC環境があれば十分です。
YouTubeなどのネット動画を快適に見られるスペックを確保したPCとインターネット回線さえあれば、ライブチャットを楽しめます。

 

自分が配信者になって活躍したい方や双方向チャットを楽しみたい方はWebカメラとマイクが必需品です。
ノートパソコンであればWebカメラが付属しているタイプが多いですが、デスクトップパソコンは別売りのカメラが必要です。

 

ビデオチャットで会話だけをしたい場合は小型タイプで良いですが、ライブチャットの配信や双方向チャットなど、しゃべっている顔を見せるだけではなく、身体全体を見せた映像のやり取りをしたい場合は、ズーム機能や広角撮影に強いカメラがおすすめです。
また、カメラはフレームレートが悪いとカクカクした動きの配信になってしまうため、テレビの生放送のようなリアルな映像を届けたい場合は、相応のスペック(24?30FPS) を確保したカメラを選ぶ必要があります。

 

パソコンのスペックには余裕を持つ

 

ライブチャットをする場合は、パソコンのスペックにゆとりを持っておくとよいでしょう。
大手パソコンメーカーが販売している既製品であれば大半のビデオチャットを快適に楽しめますが、スペックに余裕がないと映像が止まったりプラウザやアプリが固まってしまう恐れがあります。
ライブチャットに適したPCのスペックは以下の通りです。

 

  • OS → ウィンドウズ10もしくはMac
  • CPU → デュアルコア2.2Ghz以上、できれば3.4Ghz以上が望ましい
  • メモリ → 最低4GB、ライブチャットしながら他のこともしたい場合は8GB以上がおすすめ
  • 電源 → 付属のもので十分だが、社外品の高性能電源を入れると安定感が増す
  • グラフィックカード → 3D映像のオンラインゲームをするなら必須だが、ビデオチャット程度ならマザーボード付属のもので十分

 

昨今は5万円程度の予算でハイスペックのデスクトップパソコンを買えます。
ライブチャットが普及する以前の古い型を使っている場合は、パソコンの買い換えを検討してみるとよいでしょう。
ライブチャットをしている中で途中で固まったり動きが悪くなると、お金を無駄に使ってしまいます。

 

確実にライブチャットを楽しむ意味でも、性能は最低限よりも若干ゆとりを持ったスペックをおすすめします。
パソコンやマザーボードの性能および拡張機能に応じて、不満を感じるポイントだけを個別にアップデートできるので、今後PCオーディオの向上をしていく予定なら、拡張や高機能ツールに対応したパソコンを選びましょう。

TOPへ