音楽の入出力に特化したパソコンパーツがオーディオインターフェイスです。

オーディオインターフェース

 

オーディオインターフェイスとは音の信号を接続するための機械で、インターフェイスは「接続機」という意味を持っています。

 

オーディオを接続するのに必要な配線

 

パソコンからスピーカーやヘッドホンで音を出したり、マイクから録音した音声をパソコンに取り組むのは、全てオーディオインターフェイスを介しています。
パソコンの全てに標準で付いている機能ですが、より高精度のオーディオインターフェイスを導入すれば、曲の編集や音を組み合わせた合成動画などを作りやすくなるのが特徴です。
主に、聴き手よりも作り手から愛用されるオーディオツールではありますが、ライブチャットする際のコンデンサーマイクや特殊なスピーカーをPCオーディオと接続するために社外品のオーディオインターフェイスの必要な場面が出てきます。

 

 

オーディオインターフェイスの選び方

 

オーディオインターフェイスでもっとも重要なのは入力端子です。
幅広い音源やスピーカー関連をパソコンと接続するためのもので、ファンタム電源を搭載してパソコンからは直接繋げない幅広いツールと連携できるタイプが人気を集めています。

 

作曲やレコーディングなど特殊の音楽コンテンツを作る場合を除いて「PCオーディオにこだわりたいからオーディオインターフェイスを導入しよう」といった流れではなく、「このツールを使うのにオーディオインターフェイスが必要だった」といった理由で導入する方が大半です。

 

接続したいマイクやアンプ、スピーカーに対応したオーディオインターフェイスを選ぶことを最優先にして、特殊な機器を接続しない場合はオーディオインターフェイスを無理に導入する必要はありません。

 

DAWによって音楽を編集する場合

 

オーディオインターフェイスの特徴がDAWによって取り込んだ音源ごとに音響を編集できることです。
オーディオインターフェイスの多くは表面部分に多数の調整つまみが付いているほか、PC向けではパソコンの中に付属のDAW(編集ソフト)をインストールして使っていきます。
独自のDAWを搭載しているオーディオインターフェイスはどれもプロ仕様で多彩な調整ができますが、こだわった編集をしたい場合や初心者でDAWの使い方に不安がある方は、DAWの評判が良いオーディオインターフェイスを選んでください。

 

手元による調整機能のメリット

 

オーディオインターフェイスはゲーム実況やライブチャットを配信する人から人気が高いです。
マイクの音量やエコーなどの設定はパソコンからでもできますが、オーディオインターフェイスを使えばマイクなどの接続機器の設定をダイヤルなどで操作できます。
パソコンでゲームやライブチャットの操作をしながら必要に応じて音響の調整を行いたい方は、配信者向けのオーディオインターフェイスを導入するとよいでしょう。

 

編集だけなら音楽編集ソフトでも対処できる

 

オーディオインターフェイスはDAWによる編集機能よりも、音源を取り込んだり各種ツールと接続することを主たる目的にしています。
取り込む音源にこだわりがなく、PCの内部で作成した音源を編集したい場合は、音楽編集ソフト(アプリ)で対応できるため、オーディオインターフェイスを導入する必要はありません。

 

なかにはオーディオインターフェイスを使うけど、付属のDAWではなく音楽編集ソフトを使って各種編集をしている方もいます。

 

 

TOPへ